腰痛予防の対策

腰痛予防と体操について

腰痛予防と体操についてです。
手軽に自宅で腰痛予防で出来たら、いいと思いませんか?
慢性的な腰痛に悩まされる前に!医者にいくほどではないが、時々腰痛に悩まされるという方には腰痛予防に効果があると言われている体操をいくつかご紹介したいと思います。
まずは、『ヘソのぞき体操』(腹筋を鍛える)です。
@仰向けに寝て手をおなかの上に乗せ、両ひざを軽く立てる。
A息を吐きながら、ヘソを見るようにゆっくりと上半身を起こす。(20センチ程度で良いです)
Bそのままの姿勢で2秒〜5秒保つ。
Cゆっくりと上半身を元に戻す。
次に『お尻の上げ下ろし体操』(お尻の筋肉と背筋を鍛える)です。
@仰向けに寝て、両ひざを軽く立てる。腕は横に開いて床につけておきます。
A息を吐きながら、お尻と背中を10センチ程度持ち上げる。
Bそのままの姿勢で2〜5秒静止する。(このとき、お尻の筋肉と背筋に力を入れることを忘れずにします)
Cお尻と背中をゆっくりと元に戻す。
最後に『片足上げ体操』です。
@両ひざを伸ばした状態で仰向けに寝る。(手は頭の後ろで組んでおきます)
A片方の足を膝を伸ばした状態のまま、ゆっくりと上下させる。B Aを20回程度繰り返す。
C逆の足も20回程度繰り返す。
簡単な腰痛予防体操を3つほど紹介しましたが、他にもたくさん腰痛予防体操は存在しています。出来ればご自分にあった体操を探してつづけてみるのもいいでしょう。
最後に、腰痛予防体操を行なう上で、最も大切なのは無理をしない。ということです。痛みを感じたり、辛いと感じるときは無理せず専門家に診てもらうことをお勧めいたします。
抱き枕も寝ている時の予防・・

←クリックで拡大