腰痛予防のストレッチ・体操をするには・・・・

腰痛予防の対策では、ストレッチや運動、又は体操などがあります。
いきなり腰痛予防として運動するなどはしないようにします。
体を柔らかくしてから腰痛予防のための体操などをするようにします。腰痛予防では、筋力をアップすることで、腰を支えている筋力を鍛えることが目的の1つですね。ポイントは、自分に合ったやり方で焦らずゆっくりと続けることです。継続できるように、腰痛予防の対策を取っていきましょう。

腰痛予防と対策

>腰痛予防対策 ウィンドウショッピングを見てみる

腰痛予防クッション(突起が腰痛予防

腰痛予防と体操について

腰痛予防と体操についてです。
手軽に自宅で腰痛予防で出来たら、いいと思いませんか?
慢性的な腰痛に悩まされる前に!医者にいくほどではないが、時々腰痛に悩まされるという方には腰痛予防に効果があると言われている体操をいくつかご紹介したいと思います。
まずは、『ヘソのぞき体操』(腹筋を鍛える)です。
@仰向けに寝て手をおなかの上に乗せ、両ひざを軽く立てる。
A息を吐きながら、ヘソを見るようにゆっくりと上半身を起こす。(20センチ程度で良いです)
Bそのままの姿勢で2秒〜5秒保つ。
Cゆっくりと上半身を元に戻す。
次に『お尻の上げ下ろし体操』(お尻の筋肉と背筋を鍛える)です。
@仰向けに寝て、両ひざを軽く立てる。腕は横に開いて床につけておきます。
A息を吐きながら、お尻と背中を10センチ程度持ち上げる。
Bそのままの姿勢で2〜5秒静止する。(このとき、お尻の筋肉と背筋に力を入れることを忘れずにします)
Cお尻と背中をゆっくりと元に戻す。
最後に『片足上げ体操』です。
@両ひざを伸ばした状態で仰向けに寝る。(手は頭の後ろで組んでおきます)
A片方の足を膝を伸ばした状態のまま、ゆっくりと上下させる。B Aを20回程度繰り返す。
C逆の足も20回程度繰り返す。
簡単な腰痛予防体操を3つほど紹介しましたが、他にもたくさん腰痛予防体操は存在しています。出来ればご自分にあった体操を探してつづけてみるのもいいでしょう。
最後に、腰痛予防体操を行なう上で、最も大切なのは無理をしない。ということです。痛みを感じたり、辛いと感じるときは無理せず専門家に診てもらうことをお勧めいたします。
抱き枕も寝ている時の予防・・

←クリックで拡大 

腰痛予防とストレッチについて

腰痛予防とストレッチについてです。
長時間座った姿勢で仕事をする人、はたまた長時間立ちっぱなしの人など、姿勢には違いがありますが腰への負担が大きくなり腰痛で悩んでる人が多いことかと思います。また、一度なってしまうと癖になってしまいやっかいなのがぎっくり腰。お風呂にゆっくりつかって暖めて、腰痛を改善する人。マッサージに行く人。湿布などを貼る人などなど。
人それぞれ改善方法はあるかと思いますが、時間的余裕がなくマッサージや温泉などにちょくちょく出かけることができない!とお嘆きの方、腰痛予防のストレッチを試してみたはいかがでしょうか。簡単な腰痛予防のストレッチがあります。やり方は、体(腰)をひねるだけ!お風呂上がりや寝る前など、体が心からリラックスできる時に行うことを、オススメします。
腰痛予防のストレッチの方法は簡単です。まずは、仰向けに寝た状態で呼吸をととのえ、リラックスします。次に両肩が床から離れないようにして、両ひざを立てます。立てたひざをくっつけたまま横に倒します。ひざを倒した状態で10程度静止します。これを左右10回ずつ繰り返します。このとき、ひざを倒すときは息を吐きながら行うと良いです。たったこれだけで、腰痛予防ができてしまうのです。いかがですか。ちょとした時間を有効かつようして、腰痛予防のストレッチをして健康な体を目指しましょう。
腰痛予防のストレッチは、継続することが一番大切です。
無理せず、ゆっくりと自分のペースに合わせて、毎日継続することで腰痛予防が出来るようになります。
エクササイズボールで腰痛予防体操

←クリックで拡大 

腰痛予防と運動について

腰痛予防と運動についてです。

腰痛予防に適した運動方法とは、腰椎を支えてくれる筋肉や背筋の筋力アップができる運動です。決して激しい運動ではなく、軽めの運動量で大丈夫です。そして最も重要なことは、続けるということです。ことわざにもあるとおり『継続は力なり』なのです。

実際に腰痛予防に適した運動方法とはどのようなものなのでしょうか。腰痛を予防する運動として、有名なものの一つに「有酸素運動」と呼ばれるものがあります。有酸素運動という言葉なら、聞いたことがある人いるのではないでしょうか?テレビなどの健康やダイエット番組にもたびたび登場している言葉です。

腰痛予防に効果がある有酸素運動には、ウォーキング、軽いジョギング、水泳や水中ウォーキング、エアロビクスなどが挙げられます。どれも、決して激しい運動ではありませんが、持久力を向上させる運動方法となっています。これらの有酸素運動なら、誰でも簡単に始めることができ、更に毎日続けることも難しくないのではないでしょうか?

また、腰痛予防に最適と言われている有酸素運動、長時間運動することで脂肪を燃焼させることも可能な運動なのです。
腰痛予防もでき、ダイエットもできる運動、まさに一石二鳥です。
有酸素運動で、脂肪を燃焼させるには、20分以上からといわれております。やはりゆっくりと継続していくことが、腰痛予防での運動は大切ということになります。